八方美人と言われて悩んでいる方へ、もしかしたら気遣い間違ってない?

仲間外れ

八方美人という言葉は昔からあってどちらかというと嫌われてる人をさしますよね。

というのも、八方美人は、誰にでもいい顔をするけれど何を考えているか分からない、というイメージがあります。実際こういった八方美人の方が悩まれていることは、周囲のひとみんなと上手くやろうとしているだけなのに、どうしても八方美人と思われてしまう…といったことが多いのではないでしょうか?人に対しての気遣いをしているだけなのに八方美人て…

もしかしたらその気遣いが余計な印象を持たれてしまっている可能性があるのかも。そこで今回は八方美人と思われない振る舞いの仕方をご紹介致しますのでぜひ悩まれている方は参考にしてみてください!

 

八方美人と思われない振る舞いの仕方

誰とでもその場では盛り上がって喋ることが出来るのに、肝心な話はいつも聞かされることがない…自分だけが大事な話を聞かされていなかった…そんな事はありませんか?

きっと気遣いが優先してしまって誰にでもいい顔をしてしまっているのかもしれません。あまり知らない人と、すぐに打ち解けることができるというのは、ある意味羨ましい才能なのですが、かなり気遣いをされているのではないかと思います。ですがその気遣いが、考えが少し及ばなくてついつい相手にあわせて何でも喋ってしまっているという傾向はありませんか?

その場限りの適当な会話ばかりをしていると、誰とも信頼関係を築くことは出来ませんよ?そのためには以下のことを確認してみましょう!

仲の良い人とそうではない人が誰にでもいると思います。自分が気を許せる人に接する時と、そうではない人への接し方を少しだけ、変えることをお勧めします。

 

自分が知っている情報を調子にのってべらべら喋らない

人はついつい、自分の知識などをしゃべりたくなる傾向があったりします。というのも八方美人は軽薄なイメージもつきまといます。いろんな人に良い顔をし、秘密を守れない…そんなイメージがあります。

いろんな人と喋る機会があると思いますが、そこで得た個人情報を調子にのっていろんな人にべらべら喋ってしまいますと、八方美人と思われるだけでは済まず、反感をかうことにもなりかねます。

相手があなたに話してくれた内容は、あなたにだから話した事だと自覚しましょう。話してくれた相手の承諾を得ずに、他の人間に話してしまうと、あなたにはもう二度と話をしてくれなくなる可能性が高いです。調子良くいろんなひとと仲良くなって話をしても、他の人にも同じように接していると思われてしまうと「自分が話したことをみんなにされてしまうかもしれない」と思われるでしょうから、他人から聞いた話は出来るだけしないようにしましょう。

 

人の悪口には便乗しない

人それぞれ価値観も違いますし、考え方も違います。どうしても気遣いを優先すると相手に同調することがベストのように思いますが、そういったところは自分の意見を言えるようにするか、もしくは意見を言わないように考えることが賢明です。

実際、誰かの愚痴を言っている人というのは同調して欲しかったりという願望がないわけではありません。ですがそれはその人の価値観・考え方であって、あなたの自身のことではありません。

よくあることで言えば、「みんな~言ってるよ」という表現を聞いたことがあるのはほとんどの方だと思うのですが、自身に起きたことでないことも人から聞いた意見だけで判断してししまうということがありますが、これが八方美人への入口なのです。

確かに愚痴を言われた方は、嫌な思いをしたのかもしれません。ですがあなた自身は何もされていませんよね?それがあなたのよく知らない人であった場合であれば適当に「大変だね~」と同調すればいいかもしれませんが、多少でも知っている人の場合、便乗してしまうと関係のないあなたが関係ないことに口出ししてしまっていることになるのです。これは先ほどの項目につながることなのですが、こういった適当な態度というのは最終的に自分の首をしめることになりますので注意が必要です。

どうせであれば「○○が△△してきてさ~うざくない?」と言われた場合、「そうなの?そんな風に見えないけどそれは大変だね~。でも△△みたいないいところもあるじゃん!」というように同等しつつも、自分の意見をしっかり伝えることが大事です。

 

仲の悪い人同士の間では振る舞いに気をつける

こういったシチュエーションにはあまり出くわしたくない…というのが大半の本音かと思うのですが、仲の悪い人同士がいる場に立ち会うこともあるかと思います。そういう時には変に場を盛り上げることをしない方が良いでしょう。

両方の方と接点がある場合、どちらか一方と仲良く盛り上がり過ぎると、もう一方の相手はあなたにも反感を抱きます。

あなたに「○○さんは苦手」と話していた人の前で、その○○さんと親しげに話すだけで、その人は不信感を持ちます。あなたの事を軽薄な八方美人だと決め付けるかもしれません。誰とでも仲良くすることはとても大事な事ですが、時と場合を考えて上手く立ち回る事も大切です。

ですのでこういった場合は、自分が会話する番になったら無理に会話を広げようとせず、シャットダウンしてしまう方法が良いかと思います。会話が続かない環境であれば2人の仲良くない人が出くわしても早々と解散するでしょう。

 

まとめ

学校や職場などの人間関係は時として、とても難しい面があります。気遣いというのも誰とでも仲良くすることは良いことですが、調子にのっていろんな人の前で便乗して悪口を言ったり、噂話を撒き散らしたり、秘密の話を漏らしたりしたらそりゃぁ信頼を失いますよね。

もし気遣いしているだけなのに八方美人と言われている場合は、こういった傾向が出ている可能性が高いので一度見直してみましょう!

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る