夏の定番デート、花火大会、お祭りもいいけれど〆のデートはやっぱりこれ!

カップル ビーチ

みなさんこの暑い夏はそう過ごされていますか?

花火大会やお祭りへと暑さにも負けず恋愛を楽しみたい方は頑張っておられることと思いますが、花火は花火でも手持ち花火デートはされましたでしょうか?花火大会ももちろん素敵ですが、手持ち花火での完全なプライベートな空間はこれからの二人の絆を深めるにもピッタリ!グループなどで楽しむのも人ですが、夏の終わりぐらいには少し落ち着きながら哀愁漂う手持ち花火デートもいいかもしれませんよ!

ロマンチックに!彼と素敵な夏の夜を過ごす方法

華やかな打ち上げ花火を二人で見るのも勿論ステキですが、手持ち花火で二人っきりの夜を過ごすのもステキです。

特に距離の縮め方がやっぱり魅力的。人ごみにもみくちゃにされながら楽しむ花火大会はどうしても気苦労が多いもの。ですので中には、失敗しちゃった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それに対して手持ち花火のデートは花火大会以上に彼との距離がぐっと近づく可能性があるのを知っていましたか?

なんといっても、手持ち花火の魅力は夜に二人っきりで楽しめること。忙しくて花火大会の日に都合が合わない場合でも、都合を合わせていつでもできるところにあります。また場所も選べるところがいいですよね?そこで今回ご紹介したいのは、ロマンチックに手持ち花火を楽しむための方法をご紹介したいと思います。

 

”花火の準備”編

何をするにしても準備が大事です。

 

POINT1 数はひとり30~40本ぐらいがちょうどいい。

最近は、何本かセットになっているものが売られているのが主流ですが、花火選びは大切です。できるだけバラエティ豊かな手持ち花火のセットがやっぱり楽しめます。昔であればいろんな種類の花火をバラで購入することができたんですが、最近はないですが、とりあえず、いろんな種類が入っているものを選ぶようにしましょう。

また線香花火も夏の風物詩として外すことはできませんので入っていることをしっかりと確認。

数は、個人的にひとり30本~40本くらいがオススメです。だいたいこれで30分位は満喫できるのですが、あまりにも多いと使い切るので大変ですし、最後の方はムードもへったくれもなくなります。少しものたりなかったかな?くらいでちょうどいいのです。

 

POINT2 花火をするのに必要なものは必ず用意!

どこで花火をするかにもよりますがバケツは絶対に必要です。そしてチャッカマン(点火sるところが伸びたライター)、ゴミ袋は用意しておきましょう。また少し大きめのロウソクや、アウトドアで使うランタンなどがあればいいかも。

どこでも売っているようなものであれば問題ありませんが、バケツや、ランタンなどはどこにでも売っていませんので注意が必要です。

 

POINT3 花火をするロケーションが大事!

どこでもできるといえばどこでもできるのですが、どうせならシチュエーションはこだわらないともったいないですよ!

やっぱり海辺や川辺などがおすすめです。ただ川辺だとごろついた岩があったりすることが多いので足元をテラスアイテムは絶対必要です。また都会から少し離れたような場所であれば夜空に輝く星もまた2人を照らしてくれるのでロケーション的には最高ではないでしょうか?事前に行くことは難しいかもしれませんが、最近ではインターネットなどで色々と調べることができるので行く予定の場所はしっかりとリサーチしておくことをオススメします。またトイレなどのチェックもしておいたほうがいいかも。

 

”手持ち花火で盛り上がる”編

 

1. 彼と一緒に盛り上がろう

何をするにしてもまずは楽しむことが大切です。そして無邪気に花火を楽しむこと手持ち花火デートを成功させる秘訣です。

どうしても大人になると派手なものであったりを好むようになります。ですが久しぶりにする手持ち花火のデートも結構いい雰囲気になるものですよ!すました顔をしていないで綺麗だったら素直に「綺麗だね~!」と口にしましょう。

無理に盛り上げる必要はありませんが、素直に花火を楽しめば自然と盛り上がります。

2. 盛り上がるだけではなく良い雰囲気づくり

手持ち花火のいいところは、盛り上がるだけではなく、時には静かにじっと綺麗な花火に魅入ってみましょう。ひたすら火をつけて楽しむのもいいですが、少しずつ間をつくってみるのもいいかもしれませんね。急に静かになるとまたガラッと雰囲気が変わります。

そんな風に二人の気持ちの静と動を楽しんでみるのもいいかも。また定番ではありますが、ラストでする線香花火の時は、見ていると儚くなんだかロマンチックな良い雰囲気になれますよ。

いい雰囲気になったとき、2人で愛を語るのもまたロマンチックですよね!

まとめ

いかがでしたか?

花火デートを成功させるには楽しむことも大事ですが、花火が終わったあとに2人だけの時間がゆっくりと流れるようなシチュエーション作りが大切です。

これが海辺であれば、砂浜に座りながら、波の音を聞きながらいろんな会話するのもいいですよね。夏の終わりを感じる、四季の移り変わりを感じるというのは日本で恋愛するには感じたい事の一つではないでしょうか?

 

関連記事

ピックアップ記事

花火大会

2015.7.22

【保存版】花火デートに出かけるなら彼と相談して一緒に準備するのがコツ!

もう梅雨明けもして安心して花火を見に行くことができる時期になってきましたね。 暑い夏といえば花火デートはいつもとは違う浴衣姿に、彼もあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る