参加するのは二次会だけ、結婚式の二次会で気を付けたい男性の服装マナー

グループ パーティ

結婚式や披露宴であればしっかりとスーツを着てネクタイをして…ですが式や披露宴には参加せず、結婚式の二次会だけ参加というパターンも珍しくありません。ですが二次会に着ていく服装…ということで悩まれたりする場合もあるのではないでしょうか?

そこで今回は結婚式の二次会に参加する時に押さえておきたい服装のマナーをご紹介します。

 

”ジャケット着用”が基本

やっぱりジャケットは大事です。”平服でお越しください”と招待状にあるからと言って短パンにTシャツで出かける方はいないと思いますが一応、念のため。二次会とはいえ、結婚するお二人のおめでたい門出に招待されているわけですから、それなりのマナーを知っておかないと恥ずかしい思いをするのはあなたです。ですので服装はある程度きちんとしたほうが良いでしょう。

落ち着いたカラーを選ぶ

最近は結婚式に参加する人であってもだいぶとカジュアルな印象でも許されるようになってきましたが、だから説いて二次会はもっと崩していいのかというとそれは違います。ですがスーツでないとダメか?というと、そうでもなくスーツでなくても少し崩して、スラックスにジャケットというスタイルでも良いと思います。

ただしあまりに明るい色であったりというのは避けたほうがよいでしょう。ある程度、落ち着いた色味を選ぶようにしましょう。

 

”ノーネクタイ”で少し崩す

結婚式と違って二次会ですから少し崩してカジュアルな装いのほうが好まれる傾向にあるようです。もちろんネクタイをしてはいけないというわけではありませんが、堅苦しいのは少し外した方がよいかもしれません。

ですが、ここで注意してほしいのはボタンダウンシャツを選ぶ方が多いのでは?ということです。

じつはボタンダウンのシャツ自体は歴史が浅く、もともとはスポーツ選手がノージャケットでカジュアルな場所で着るように作られたシャツなんです。たしかに最近はいろんな着こなしをされているので何がいいのかわからなくなりがちですが、基本はジャケット着用時はボタンダウンシャツは避けるべきなんです。

もちろん最近はそこまで気にしている人は少ないものですが、基本はそういった二次会の場であってもボタンダウンのシャツをチョイスするのは避けたほうがよいということです。

 

”ポケットチーフ”でオシャレさを演出

どうせならもう少しおしゃれを楽しんでしまいましょう。

普段できないようなドレスアップをすることは自分自身の刺激にもいいですし、センスが磨かれるはずです。もう少し結婚式の二次会っぽくオシャレを演出したい、というときに役立つのがポケットチーフです。

スーツショップやデパートの礼服売り場などに行けば手に入りますが初めて選ぶときは迷ってしまいますよね?ですのでそのあたりはプロと相談して決めるのがよいのではないでしょうか?シルクなどでも、1000円~3000円も出せば買えますのでぜひ取り入れてみましょう。胸ポケットに忍ばせて、少しだけのぞかせれば、普通のビジネススーツでも二次会で浮かないスタイルになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚式の二次会は、あくまでも結婚するお二人が主役。自分が目立つ必要はないのですから、抑え目のオシャレを心掛けるのがベストだと思います。ですが何も知らないからといってちぐはぐな格好になってしまうということは避けたいですよね?

ぜひ上記の事を意識してコーディネートしてみましょう!

関連記事

ピックアップ記事

女性 静かに!

2015.7.14

彼や彼女との”出会いのきっかけ”を秘密にしたい人!おすすめ教えてあげます!

最近は恋人を探そうと手段を選ばなければさまざまな方法がありますよね? もちろん今も昔も変わらない学生時代からの付き合いであったり、社会に出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る