チョットマテ、チョトマテ、お兄さん!「好きだけど付き合えない…」の意味、説明してね!

間違いなく、彼女持ちでもない、既婚者でもない彼。

しかも「オマエのことは好きだよ」って言ってくれるのにどうして彼女というポジションじゃないの?にしてくれないわけ?と悩んでいる女子も多いのではないでしょうか?それは…男性にもそれなりの理由があるんです。

ただ断っておきますが、自分勝手なのでイライラしながら見てね(笑)

 

意味不明!『好きだけどゴメン…』ってどういうこと?

言われたことある人も、言われたことない人もいるかと思いますが、『好きだけど、付き合いたくない』という言葉の意味、あなたには理解できますか?

せっかく緊張して、緊張して、告白!

男子「好きだけど…」女子「好き!?嬉しい!!だけどって何?」

男子「付き合えない」女子「ハァ!?好きって言ったじゃん!!!!!?」

みたいな感じでしょうか?

多くの女性は、一瞬彼女になれる!と喜んでしまうものの落としどころのない返答…「え?何?何?」と頭が混乱するのではないかと思いますが、彼に嫌われたくない気持ちが強いとどうしても追求できずに「そっか…」と、全く理由がわからなくても受け入れてしまうこともあるのではないでしょうか?

ただ多くの女子は彼が言った「好きだけど」という言葉が忘れられずに彼に呼び出されたら応じてしまうなんて状況に陥っているのではないでしょうか?ですが男子の気持ちを代弁するわけではないのですが、じつはこの身勝手とも言える発言…(身勝手ですが)にキケンが隠されているかも?

さて、そんな身勝手な彼らの本音をご紹介しましょう!

 

1. もっと良い出会いが訪れるかもと期待?

人生、先のことなんてどうなるか分からないものですが、ぶっちゃけあなたよりも素敵な人に出会えるかも?と期待しているケースが考えられます。このことだけ聞いたらなんか凹んでしまいますが、いい部分だけピックアップすれば”嘘はつけない”ということでしょうか?また浮気なんかも一度付き合いだしたらすることはないでしょうから、見事ゲットできれば安心です。

 

ハッキリとした理由もなく「君のことは好きなんだけど彼女にはできない」と言っているのなら、問題は彼の好みに合わないなどという問題があるかもしれません。要は今の彼はモテてるんです。あなた以外にも脈アリであなたよりも好みの女子がいる可能性が高いので諦めたほうがいいかも?

ムカつくかもしれませんが、女性だって「好きな人がいるけど振り向いてもらえなくて、別の男性に告白されたから、嫌いじゃないしとりあえず…」的な行動をすることもありますね。だから仕方ないことなのかも知れません。

また同様に「今は付き合えない…」というパターンですが、じゃぁいつなら付き合ってくれるの?と考えてしまいがちですが、これもあなたより魅力的な女性が近くにいてるのかも。

 

2. 単純に”まだまだ遊びたい!”と思ってるから

今がどういう関係かわかりませんが、付き合うということは恋人関係になるということです。

恋人関係となると一定の規制が入りますよね?人によりますが、違う女性と2人で会うのはNGとか食事にいくのはNGとか基準は人それぞれだとは思いますが、恋人関係になると少なからず、相手のためにガマンしたり歩み寄らなければならない部分が出てくるものです。

ですのでまだまだ遊びたい!と考えている男子からすればはっきり言って彼女という存在は邪魔でしかないのです。

もちろん彼からすればあなたの気持ちは嬉しいんですが、あなたのことを気遣って理解できない返答になってしまっているのかもしれません。理由を言わず「好きだけど…」と言葉を濁す。ありがちなことではないでしょうか?これが男友達と遊んでる方が楽しいから…という理由であれば渋々承諾できますが、他の女子と遊んでいるとなると…鬼の形相になるあなたの顔が怖いです。

 

3. 見た目がタイプじゃないから!

あなたは社会人でしょうか?それとも学生さんでしょうか?

これは男性の年齢が若いほど多いケースですが、外見が大事という方もやっぱりそれなりにはいらっしゃいます。相手の性格や人間性に魅力を感じてもルックスが好みでない場合、なかなか付き合いたいという感情に慣れないことがあるんです。

もちろん雰囲気が好きとか、一緒にいると落ち着くなど内面的なことを重要視する男性も多くいらっしゃいます。ですが、相対的に見るとやっぱりアラサー世代であったりという世代になってきますので学生などの若い頃というのはなかなか内面を優先してくれないことがあるんです。

あなたにもありませんでしたか?嫌いじゃないけれど、やはりドキドキ感が生まれないので恋人として見れない…というようなことが。そう考えると仕方ないことなのかもしれませんね。

 

4.都合よく使えるからキープしておきたいだけ!

一番厄介なのはあなたと彼がそれなりの関係を持っている場合です。

関係を持っているのに「好きだけど…」という言葉の真意は今のままの都合のいい女性であって欲しいというのが真意です。

本音で言えば別にあなたでなくてもいいのです。いつ声をかけても応じてくれる女性であればだれでもいいわけです。ただ現状あなた以外に都合よく遊べる女性がいないからキープしておくための嘘の可能性があります。

 

まとめ

なかなか相手を好きになってしまうといいように考えようと努力してしまうのですが、冷静な判断はできなくなりますよね。

いろいろと女子からするとムカつくことを書かせていただいたかと思いますがこんな男に騙されることがないように気をつけましょう!
曖昧な返事をするオトコに希望を持つより次へ進むのが賢明ですよ!

「好きだけどダメ」なんて、そのほとんどは彼ら自身に身勝手な理由があるからです。
恋をすると「二番目の女でもいい」「気持ちが変わるのを待ってる」「いつか好きになってもらえるはず」と、ある意味とてもポジティブ思考になりますが時間が経つほど虚しくなるものです。

だって彼が「だけど…」て言っているでしょう!

男みたいに女々しくなく…よくわからなくなってきましたが、女性らしくさっぱりするのがオススメです。ちなみにこういう状況で付き合ったカップルがうまくいってるのをあまり見たことありませんので間違いないかと思います。

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る