アラサー女性が悩むファッション。”可愛らしさ”をどう取り入れる?

女性 立ちつくす

最近は30歳を迎えてもまだまだ結婚せずに仕事や自分の趣味などに頑張っている女性も多くなっています。

あなたのことをよく知らない方であったり、初対面の方からすれば30代に見えない!と言われたり、20代の頃と変わらず、若く見える方も多いものですが、あなたのことを知っている人からするとやっぱりふとしたところに年齢を感じさせないようにとあなた自身が気を張ってしまっている場合などもあるのではないでしょうか?

というのも周りはそれほど気にはしないものの、自分の気持ちとしては30歳というのは女性はもちろんのこと男性にとっても大きな節目であると言えるでしょう。もちろん生活の環境が何か変わる…例えば40歳になれば給料から介護保険料が天引きされるなどありますし、普段から意識するようなことが起こらないため、大きく自分の周りの環境が変わることはありません。

ですが自分の気持ち的には「もう30歳・・・」といったように、少し年齢を意識してしまいますよね。

また女性にとっては大好きなファッションなども気になるところですよね。

女性はいつまでたっても”可愛い”には敏感なものですが、ファッションについてはちょっぴり意識したほうがいいかもしれません。

というのも、”30をすぎたら、可愛いファッションを卒業すべき”という声をよく聞くのではないかと思いますが、今まで好きだったテイストはそんなに簡単には手放せませんし、いきなりシックに落ち着いた雰囲気ばかりを強調しすぎてしまうとあなた本来の良さが損なわれる可能性があります。

もちろん20代のままでいいとは言えませんが、いくつになっても可愛くいたいと願う女性は多いものです。

もちろん似合っていれば問題ないかとは思いますが、周りの目も気になるところですよね?特によく話題に挙がるのはミニスカートは何歳までOK?というような話題も少なくありませんが、女性にとってファッションは、毎日をイキイキと楽しく過ごすためにもとても大切なもののはずです。

ですが年齢を理由に可愛いアイテムを何もかも諦めてしまう必要はありません。

そこで今回、お伝えしたいのは“30歳を過ぎた女性が可愛いファッションを取り入れるコツ”についてご紹介したいと思います。今悩んでいる方がいらっしゃるのであれば少し参考になれば幸いです。

 

ピンクのかわりに白を多用

あなたの持っている可愛いアイテムの多くは何色でしょうか?

多分、可愛いと思えるようなアイテムの多くはピンク系の色だと思うのですがいかがでしょう?今まではピンク色が前面に出ても”可愛い”という感じで着こなせていたかもしれませんが、色味にもよりますが、30歳でピンクを全面に出すのは控えたほうがいいかもしれません。

そこで代わりに可愛らしさを表現したいのであれば、ピンクよりも白でコーディネートするようにしてみましょう。

ありきたりかもしれませんが、白は”可愛い”も“カッコイイ”も表現できる便利な色です。

同じアイテムであっても色が違うだけで大きく印象を変える事もできます。ピンクだとどうしても”可愛い”という印象が全面に出てしまうので甘い印象になりがちですが、白なら”カッコイイ”という印象を与えることができます。またそういったクールさに合わせて清潔感も併せ持つ“可愛い”スタイルにもコーディネートできるはずです!

もちろん今持っているアイテムを全て入れ替える必要はありません。今後、購入する際の目安に覚えておくと良いかもしれません。新しい色を取り入れながら徐々に自分に合う可愛らしさを探してみてもいいのではないでしょうか?

 

ピンクはポイントで取り入れる

先ほどピンクは控えるようにと言いましたが、皆さんが感じているピンクのイメージはどんなイメージでしょうか?

きっと”優しい”であった”柔らかい”といったようなどちらかというと”可愛い”を連想させるようなイメージだと思うのですが、間違ってはいないのですが、色味的にはピンクはパワフルな色と言えるのです。

一般に“幼い”イメージが強いのではないかと思いますが、パワフルなピンクを過剰に取り入れるのは逆に落ち着かない印象を与えてしまいます。わかりやすいのは夫婦でされている芸人さんをイメージしていただくとわかると思うのですが、「過剰なピンクは逆効果」ですよね?

そこで大人の女性としてピンクを取り入れるのであればワンポイントで取り入れることを意識するようにしましょう。先ほどピンクは”パワフル”な色とお伝えしましたが、さりげなくピンクを取り入れて“大人の女性”を醸し出すのがベストかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

“30歳を過ぎた女性が可愛いファッションを取り入れるコツ”についてご紹介しましたが、実のところ“子供っぽい”可愛いファッションには厳しい意見も多いものです。ですが上記のようにポイント的に可愛いアイテムをつかって“大人の余裕や優しさ”をうまく表現できれば、また評価も変わってくるかもしれませんよ♪

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る