恋人に対する感情にこんなの出たら要注意!もしかしたら精算じきなのかも?

カップル 背合わせ

いよいよクリスマスですが、みなさんは恋人と幸せな時間を過ごす予定でお考えでしょうか?

もちろん付き合いだして間もなければきっと幸せな時間を感じることが出来るでししょう。ですが、現実で言えば恋人と過ごしている時間がいつも幸せだとは限りません。それなりにお付き合いして時間が経てば2人の関係というのは安定してくるものですよね。

そんな時、イライラしてしまったりして相手にきつくあたってしまったり、逆の場合であれば思わぬ言葉を言われて、悲しくなったりすることも少なくありません。

多少のことでは別れを意識することなどはないかもしれませんが、ただ幸せな時間を感じることができなくなってしまうと一緒にいることが辛く感じてしまうことになります。そんな時間が続いたら…?

そんな時、恋人との関係を見直すべき時期なのかもしれません。もちろんどちらかに原因がある場合がほとんどですが、些細な出来事の積み重ねというのはお互いに原因がある場合がほとんどです。このお互いに原因がある場合というのはなかなか修正が難しいものです。

そこで今回は、恋人との関係を見直したほうがいい場合の例をご紹介しますので参考にしてみてください。

 

1. エネルギーを使っていると感じる

恋人と同じ時間を過ごすためには行動しなければいけません。行動が伴うということはエネルギーを消費するのですが、それを露骨に感じる、または考えるようでは恋人との関係を見直すべきなのかもしれません。

一般的に自分のしたいことであれば疲れていても苦になりませんよね。逆に好きなことに没頭できるということは、エネルギーが充電されたり、気分的にも充実してくるものです。もちろん体力的な面もありますが、エネルギーを使うと感じるのは精神的なものが大きいものです。

例えば、大好きな人と時間を共に過ごせば、幸せな時間を感じることができて相手のために”もっと”と考えるのではないかと思いますが、最近彼と一緒にいると疲れる……。なんて感じるのであれば要注意かもしれません。

基本的に恋人と過ごす時間であったりというのはリラックスできる環境でなければ長続きすることはありません。本来、満たされるべき精神的なところが満たされないのであれば、お互いの関係がズレ始めている可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

2. 気を遣ってばかり

気を遣うことはお互い人間ですからコミュニケーションをとる上では大切なことです。もちろん恋人であっても、家族であっても気を遣うことは大切ですが、気を使いすぎるあまり、自分の気持ちをちゃんと伝えることができないというのは少々問題があるかもしれません。

よく言われる言葉で「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、気を遣うことは人間関係の基本中の基本です!

ですが恋人を楽しませようとあなた自身が無理をしているような状況になっていないでしょうか?時には頑張らなければいけないタイミングもあるかもしれませんが、必死になりすぎてはいませんか?

あまりに無理をしすぎる、つまり自分に嘘をついている状況というのは、自分にとっても相手にとっても決していい状況とは言えないでしょう。あなた自身が伸び伸びと楽しめる付き合い方ができなければ、何もしなくとも2人の関係がずれてしまうことは間違いありません。あなたに合うパートナーは、他に必ずいるはずです。

 

3. フェアじゃない

好きになったほうが負けともよく言われますが、お互いをちゃんと思い合わなければ関係を継続することは難しいと言えるでしょう。

というのも片方が犠牲になって尽くしてばかりであったり、フェアじゃない関係というのは、多く見受けられるケースですが、そういった関係を続けても幸せになれる可能性は低いと言えます。

もちろん時間が経てばお互いを思い会える関係になれる場合ももちろんあるのですが、今の時点であなた自身がフェアに感じれていない状況なのであれば、今の関係に無意識に違和感を感じてしまっているのかもしれませんし、もしかしたら限界を感じているのかもしれません。

きっと今の状況を改善できないのであれば破局してしまう可能性が高いとい言えます。

 

4. 将来が想像できない

もしあなたが今付き合っている方と結婚を考えているのであればきっと将来の2人のイメージというものがあるかと思います。

もちろん最近は結婚願望が薄れているなんてこともよく耳にしますが、多くの方は割り切りで付き合うほど器用な方はいないのではないでしょうか?もちろん若ければ結婚というイメージがしにくいかもしれません。

そんな状況で答えを出すことは難しい場合も少なくありませんが、もしあなたが将来のことをふと考えたとき、相手に対して何らかの不安が残ったり、今の恋人との将来を思い描くことが出来なければ、関係を見直すべき時期なのかもしれません。

シビアな言い方をすると、将来設計のできない恋愛からは、生まれるものはあまりないでしょう。本来であれば、お互いの存在が刺激になり、お互いを高め合うことができるのですが、お互いを高め合うことができないでいてしまうのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

色々と思うことはあるかもしれませんが、上記のどれをとっても2人の関係を継続するためには必要なことなんです。もちろんどちらか一方がこういったことを感じだしてしまうと2人の関係は悪化をたどることは間違いありません。

ですので、あなた自身も相手も、もっと幸せになるためにはじっくり考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る