35歳までに妊娠したい?痛い婚活女性にありがちなパターン。

女性 しがみつく

アラサー女子が気になるのは”35歳”というフレーズですよね。

いろんなところから耳にするのは子供は35歳までにということですが、これは統計的にも証明されっつつあります。ですんどえあなたの周囲にもいませんか?「早く子供産みたいから結婚しないと!」と鼻息荒く婚活をしているアラサー女性が。

もちろん最近は35歳までは子供はいらないという女性も多くなっているようですが、ただ、女性からすれば結婚と子供についてはつながってはいますが、相手となる男性からすると正直つながっていません。

もちろん現在お付き合いしている方がいるのであれば、彼にそういったことも気にしてもらえればと思いますが、一般的に言うとアラサー世代の婚活で、「早く子供を産まないと!」と焦る様子は、男性側からすると痛々しいと思われてしまいがちです。

最近の結婚適齢期といいますか、男性側からすれば35歳くらいが多いのも事実。あなたの思いと世の男性の認識の差は理解したほうがいいかもしれません。

 

長く付き合っている彼女から年齢を理由に結婚を切りだされれば、さすがにどんな男性もまじめに結婚を意識します。しかし、よく知らない女性と合コンなどで知り合ったときに、いきなり妊娠のタイムリミットの話をされたらどう思うでしょうか?そこで今回はそんなアラサー女子が痛々しい婚活女性にならないために、どのような気遣いが必要なのかをご紹介します。

 

1. 赤裸々に言い過ぎな女性はNG

さすがにあまりにも公言しすぎると男性からNGを喰らいます。

もちろん「そんなことわかってるわ!」と聞こえてきそうですが、周囲の友達にもそんなことばかり言っていませんか?『35歳までに子供を産みたいから、今年中に出会って、来年プロポーズされて結婚して、再来年には子供を産みたい!誰でもいいから紹介して!』などというようなこと言っていませんか?

そんなことしていたら出会えるはずの可能性があった人とも出会えないかもしれませんよ?

 

2. 出来ちゃった婚を計画している

男性が避妊しようとしても『避妊しなくていいよ♡』というよな女性も男性からすると”ドン引き”です。

まぁ、そういうのが好きな男性もいますが、一般的に考えると子供が出来たことを盾にして結婚に迫ろうとしているのが見えて”引いてしまう”のです。

大概の男性はもし子供ができたら責任を取るのが筋だと考えています。そのため、早く妊娠したいと言っている女性ともし付き合ったら、計画的にできちゃった結婚に持ち込まれそうで警戒してしまうのです。

 

3. 年収や条件、職業などで判断し過ぎている

実際に合コンなどで起こったシチュエーションですが、社長連れていよ!と紹介した場合、その場にきた女性はとてもウキウキしている様子でしたが、小さい個人商店と聞いたとたんに表情が曇ったパターンがあります。

こちらとしては、普通に商売も成り立っているし、問題ないと思っていたのですが安定を求めているのか、もっと大きな会社の社長をイメージしていたのかもしれませんが、態度がコロッと変わった姿をみてこちらこそ願い下げ!という感覚になります。
早く結婚したい!子供を産みたい!と叫んでいる女性のほとんどは、ある意味では意識が高いので、子供を産んでしっかりとした教育を受けさせられる経済力のある相手を探しているのかもしれませんが、お金などに執着心が高く見られるようでは結婚なんて望めないでしょう。

 

4. 若さアピールが痛い

外見に自信がある女性や、20代の頃にチヤホヤされてきた女性は「若く見られる」ことを強調しがちです。

確かに友達としてのお付き合いなどであれば問題ありません。ですが結婚となると話は別です。もちろん男性の年齢などにもよりますが、男性から見ると痛いと思われている場合があるのです。

確かに綺麗な人はいいのですが、それなりに年齢を重ねても独身であるというと、男性が考えるのは

”仕事が忙しくて” < ”人間的に問題あり?” という感じになります。

ですので謙虚な態度でなく、「まだまだ私はイケるハズ!」と思っている女性に対して、男性はシビアに冷たい目で見てしまうのです。もちろん間違える時もありますが…。

幸せになるためにいろいろと自分磨きなどされているかもしれませんが、ただの痛い人に見られちゃうなんて悲しすぎますね…。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分にはまだ関係ないと思っていても、今焦っている彼女達だって10年前はそうなっている自分は想像していなかった方が多いものです。ちなみに35歳で無事結婚できたとしても、妊活を35歳からするのは遅いと言われています。

なぜかというと、20代の妊娠力に比べると、可能性で言えば半分に落ちてしまっているからです。

そう考えると20代のうちから早めの婚活を開始したほうがいいかも。

  • 早めに妊娠できる体作り(婦人科検診に行って自分の妊娠能力を知っておく)
  • 男性の経済力をあてにしない
  • 自分で稼げる力をつける

以上の3点を意識して過ごすことで、婚活&妊活に出遅れて後悔する事態を避けられるでしょう。決して他人ごとだと思わず、早めに行動しておくことが安心ですね!

関連記事

ピックアップ記事

女性 仮面

2015.6.25

大好きな相手に”本当の自分を知ってもらいたい”と悩んでしまっているあなたへの処方箋

コンプレックスというのは誰でも持っていますが、そういった自分が気になっているところ、つまり悪いところを隠して恋愛を続けていっても、うまくいか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る