【朗報!】兄弟関係が悪くて悩んでいるかた必見!悩みを解決?解消?する方法

兄弟喧嘩

結婚するとなると自分たちだけでなく、相手の親や兄弟であったり、自分の親で兄弟であったりと何かと関わることがありますが、相手がそういった家庭環境が複雑な場合、気になるものの仕方ないと、自分が許せるのであれば気にならないものの、逆に自分自身が親や兄弟との関係が良好でない場合、いろいろと悩んでしまうことも少なくはないのではないでしょうか?

そこで今回は、あんた自身が兄弟の仲が悪くていつも喧嘩ばかり、そんな悩みを持っている方に向けたコラムです。できることなら、そんな悩みを悩まなくて済む解決方法をご紹介します。

 

兄弟にも合う合わないがある。

正直、不仲な兄弟なんてたくさんいます。

兄弟にもいろんな性格があって、合う合わないといった相性があるものです。そのため無理に仲良くしようとか、かかわろうとすると余計に仲が悪くなったりもします。そういった兄弟関係があまりよくない方の場合、大人になって関わる必要が無い場合はあえて仲の悪い兄弟とは、関わらない方がいいといえるでしょう。

もちろん親からすると仲良くして欲しいというのが本音だとは思いますが、無理なものは無理と割り切ることも大切です。そういったことに無理に対応しようとするとストレスになるだけで、あなた自身の生活にも悪影響を及ぼすことがあります。

ただ、いくら嫌いであってもどうしても関わる必要がある場合も出てきます。そんなときは、昔あった事などを根に持ったりせずに、その時は仲良くできるように心がけるようにしましょう。

可能性は低いかもしれませんが、もしかしたら相手を許すことが出来れば、相手も心を開いてくれるかもしれません。心で思った事は相手に伝わるので、あなたが嫌いな相手もあなたの事が嫌いになるのです。

もしくは、何らかのトラウマがある場合、一度こんなことされたのが嫌だったとか昔のことをぶちまけてみるのもいいかもしれません。
案外相手は忘れていたりするので、言ったらスッキリするかもしれませんよ?

次は兄弟関係でも上の兄弟であったり、下の兄弟であったりあると思いますが対応方法は異なるのか見ていきましょう。

 

兄や姉が嫌いな場合

兄や姉は、いつも”お兄さんやお姉さんだから”と責任感を持たされたり、妹や弟に親の愛情を奪われたりといったことで我慢させられたことが多いでしょう。そのことで、弟や妹を羨んだり恨んだりといった気持ちを未だに持っている場合があります。
もしくは、親から期待されるあまりひいきされてわがままになっている可能性も否定できません。

実際、あなたが下の兄弟であった場合、小さい頃から負けん気が強い場合が考えられます。

ですので兄や姉に対抗しようとか、勝とうとするよりも、相談したり頼ったりする方が関係を良くしてくれます。ただ先ほど言ったように兄や姉がわがままであった場合、兄や姉に頼られていたり、要求されたりといったことがあるかもしれません。そういった時はこちらが折れてあげる事が大事です。こちらが歩み寄れば、相手も歩み寄ってきてくれます。

ただそんなこと以前にどうしても嫌いという場合は、許せるようになるまで距離をおくことが大事です。

 

妹、弟が嫌いな場合

妹や弟もそれはそれで、”いつも姉や兄の方がひいきされている”とか、”自分の方が我慢している”という気持ちを持っている場合があります。ですが甘やかされていてわがままになっている場合もあるかもしれません。

そんな妹や弟に仕返しに意地悪したとしても、多くの場合は自分の気持ちは楽にはなりませんし、余計に辛くなるだけのことが多いです。もしお互いがまだ大人ではなく、妹や弟がまだ小さい場合は面倒を見てあげたり、相談に乗ってあげたりするといいでしょう。
何でも分けてあげたりすれば、頼られる存在になりますよ。

ただ、中には小さい時仲が悪くて、今でも仲が悪い場合という方もおられるかもしれませんが、相手がしたことは許し、自分がした事も反省して仲良くしましょう。わがままな場合は、なんでもしてあげることが逆効果な場合もありますから、厳しくしてもいいですが、とにかく広い心で相手を許し受け入れてあげる事が大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?兄弟の仲がいいところはホントに仲が良くて羨ましく思うこともありますよね。

ですが、仲が悪い兄弟というのも別に珍しくはありません。そして本当に兄弟の仲が悪いところというのは、親の問題ということも否定できません。ただ親にも親なりの考えがあるので全否定することはできませんが、親がなんらかの意図があって、兄弟の誰かをひいきしたりする場合があります。

たとえば病弱だから手をかけるとか、後継ぎだから気にかけるといった事があるかもしれません。

しかし、かならずしも手をかけられたり、気にかけられたりしたからといって本人が満足しているとは限りません。
自分とは立場が違う兄弟の気持ちを汲んであげましょう。

ただ、仲が悪くなる原因はいろいろありますので、必ずしも解決するということはありません。血の繋がった兄弟ですから良好な方がいいのはいいのでしょうが、昔であれば命を奪うことだって行われていたわけです。

そんな何百年も昔からあるトラブル、そう簡単に解決できる方法なんてあるわけありません。ただ時間をかけて歩み寄るという姿勢は大事かもしれませんが。

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る