気になる女性に告白するタイミングは?玉砕したことのあるやつちょっとこっちおいで!

カップル 手3

好きな女性とデートを数回重ねて告白するも、あえなく玉砕…なんて経験はないでしょうか?

脈があると思ったのになんで?関西弁で言えば「なんでやねん!」と突っ込みたくなるようなこの展開。こういったことから草食系男子なるものが増えていく原因になっているのかもしれません。そこで今回は好きな女性にどのように告白すれば良いのか?ということにフォーカスしてみたいと思います。

 

思っているほど「告白」という行動は重要ではない

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、「告白」というものは、それほど重要な行為ではありません。それどころか、この「告白」という行為にこだわりすぎると、上記の例のように「なんでやねん!」とつこみたくなるような展開になってしまうことも少なくありません。

というのも世の男性はまじめな方が多いのではないかと思うくらい恋愛マニュアルなどに言われているルールを守ろうとしているからではないでしょうか?”三回デートをしたら告白して付き合う”などといった、世間一般で言われていることを信じていたりしませんか。実際に好きな女性とデートを三回してという回数はっ正直どうでもいいのですが、1回目のデートであっても3回目のデートであっても結果が出る時というのは出るもんなんです。

これがじゃぁ10回目であれば確率が上がるのか?といえばこれもまたそうでもないところが不思議ですがそうなんです。

この理由は相手の恋愛感情が高まっていないにも関わらず、イチかバチかの告白をしたけども、「ごめんなさい、○○君のこと、そんなふうには見れないの・・・。」などと返答され、見事に玉砕してしまうわけです。

・・・ハッキリ言わせてもらうと”告白”なんてしなくても良いのです。変に傷つくくらいなら”告白”なんて行動はやめて、告白しないで女性を落とすことを考えていきましょう。

 

告白せずに女性を落とす方法

イチかバチかのギャンブルでは無く、より確実に、より自然な流れで、ラクに好きな女性を落としたいですよね。歳を重ねて恋愛なんて久しくしていないとなるとそういった甘酸っぱいシチュエーションもまたいいなぁというのが個人的な意見ですが、今回は告白したけども傷ついてしまった方向けのコラムなので”告白”しないで女性を落とす方法をご紹介します。

 

1. 恋愛は惚れたら負け

「恋愛は惚れた方が負け」なんて、言葉がありますが、これはあながち間違っていません。というか恋愛を1回でもしたことのある方はわかると思うのですが惚れたら色々と悩み事も増えますよね。そうしてどんどんと自分がイメージしている楽しい恋愛とは遠ざかってしまうのです。

”告白”は、相手に対して、わかりやすくあからさまに好意を伝える行為なわけですから、立場も下になりやすいわけです。そしてここから考えられる影響として女性というのは、自分より上の存在の異性、少なくても対等の存在の異性には、恋愛感情を持ちますが、自分より下の存在の異性は、恋愛対象外と見なします。

ですから、男性が告白した途端、女性から下の存在に見られ、価値の無い男に思われ、恋愛対象外とされてしまうケースもあるというわけです。ですから告白したのに玉砕してしまうということが発生してしまうのです。

なんとなく告白という行為にこだわるべきではないということがお分かりになったのではないでしょうか?

 

2. 告白したら逆に冷める可能性がある

女性は一般的に一目惚れするというのがあまりありません。確かに好みの男性があらわれた場合興味は湧くけれど恋愛という感情がすぐに出てくるわけではないのです。「結構イケメンかも・・・どんな人なんだろう?」などと思って、まずは興味・関心が湧く程度ですからその状態で告白されても「う~ん…」という返答になってしまうのです。

それに反して男性の場合は、女性の容姿がそこそこ好みであったら、出会ってから、早い段階で恋愛感情が高まります。要は一目惚れに近い感覚です。ですのでこういったことから一番よくあるパターンが女性から「イケメン」とか「カッコいい」などと言われたこと好意と勘違いし、早まって唐突に告白して、玉砕してしまう男性が結構多いということです。

女性からしても、もう少し恋愛感情が高まっていればOKしたのに…、早まって告白されたことにより、お互い気まずくなってしまうという結果になってしまうわけです。

もしかしたら実っていたかもしれないはずの恋も実らずに終わるという、非常に勿体ないケースにもなりうるわけです。

 

3. 告白したら相手が好きになってくれるわけではない

女性があなたと恋人同士になりたいと思う時ってどんな時かご存知でしょうか?

実は女性が恋愛したいと考えるというのは一定のパターンがあります。そのためには女性に恋愛を日頃からイメージしてもらわないといけません。イメージしてもらうには好きな女性にアプローチして、女性の感情を揺さぶり、恋愛感情を高める行為をしていく必要があります。

具体的には、デート中に、思わせぶりな発言をしたり、スキンシップをしたり、といった行為をして、女性の感情を揺さぶり、恋愛感情を高めるわけです。

ですが、「告白」という行為自体は、それをしたところで、女性の感情が揺さぶったり、恋愛感情が高める効果はありません。気になる存在になる可能性はなくは無いですが、それどまりなわけです。

つまり、告白をしたからと言って、女性はこちらのことを好きになってくれるわけではないのです。そういうふうに考えると”告白”というのはお互いが自然に付き合っているという状況ですればいいやと思えませんか?”告白”という行為は、優先度が低いと思えるのではないでしょうか?

 

4. 告白しない方がより自然な流れで付き合うことができる

よく、カップルに馴れ初めについて質問すると、「気付いたら、いつの間にか付き合っていた」などと、答えが返ってくるケースが多くありますよね。つまり、世の中の多くのカップルは、どちらが告白するということもなく、いつ間にか恋人のような関係になり、付き合っていたりするわけです。

もちろん、真面目な男性が筋を通そうとして”告白”という好意をすることもありますが、多分比率で言えば多くはないのではないでしょうか?【2.】でご紹介したように、男女の恋愛感情の高まりの時差の例もそうですが、二人の恋愛感情が高まるタイミングというのは、一致しないことの方が多いわけです。

ですから、男性側からしびれを切らして告白したからといって、そのタイミングで女性側の方も恋愛感情が高まっているという確証はどこにも無いわけです。それだったら、無理にイチかバチかの告白などせずに、まずは実質的に恋人のような関係性を築いて行った方が嫌な思いをすることもないのではないでしょうか?きっとより自然な流れで付き合うことができると思います。

 

5. 告白は男性からしてもいいけどその前に

男性側が正しいアプローチをして、相手の女性の感情を揺さぶり、恋愛感情を高めていけば、こちらが告白するまでも無く、女性の方から勝手に告白をしてきます。正確には、告白というよりも、“告白めいた言葉”を言ってきます。

“告白めいた言葉”とは、例えば、「ねえ、あたしたちってどういう関係なの?」とか、「あたしたちって付き合ってるの?」といった言葉です。よくドラマとかでありますよね(笑)まさしくモテ男がこんなこと言われていますが、モテ男もそれなりの努力をしているということです。

では具体的には、一体どうすれば、女性の方から告白させることができるのか?ですが、それはスバリ、「キス」や「体の関係を持つ」などの、深いスキンシップをすることです。

やはり、多くの女性からすれば、「キス」や「体の関係を持つ」といった深いスキンシップは、彼氏や特別な存在の男性としかやらないことです。そうなると女性の口から、「ねえ、あたしたちってどういう関係なの?」といった、実質的な言葉が出てくるわけです。あなたは、その女性と付き合いたいのであれば、「じゃあ、付き合おうぜ」と、男らしく答えてあげればよいわけです。

これなら、あなたは100%失敗することもありませんし、立場が下になることもありませんし、付き合った後も主導権を握れるわけです。

いくらサプライズ的な告白を考えて女性に感動してもらって成功率を高めようと思っても無駄なことです。「どうやって告白するか」ではなく、「どうやって深いスキンシップ」をするかという考えで行動しなければいけないことがお分かりになったのではないでしょうか?

 

まとめ

一応、念のために言っておきますが「絶対に告白をしてはいけない」と、言っているわけではありません。イチかバチかではなく、相手の女性が確実にこちらに好意を持っていて、100%成功する確証があるなら、告白しても良いと思います。

そして玉砕する男性の多くは、男性側の単なる勘違いだったりします。なので、告白という行為自体にこだわらずに、まずは実質的に恋人のような関係をつくってしまうべきなのです。これには時間をかけないといけない時もあるかもしれません。けれど徐々に深いスキンシップができているという実感は持てるので苦にはならないでしょう。

「どうやって告白するか」ではなく、「どうやって深いスキンシップ」をするかなんです。

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る