”優しい男”は恋愛対象外!?”優しい男が好き”なはずなのにモテない理由とは?

男性 ショック2

よくあるアンケートで、女性が恋人に求めるもの…それは”優しい人”とか”優しさ”ですよね。

間違いなく、毎回、いつの時代も、いつの世代にも上位に食い込んでくるこの”優しさ”という項目。男性陣はこの”優しさ”で失敗した事がある方も多いのではないでしょうか?

周りを見渡してみても、周囲の優しそうな男性がモテているかというと必ずしもそうではないですよね。ここで疑問に思えるのは、女が本命にしたくなる「優しい男」と単なる「いい人」との違いはどこにあるのか?ということです。

 

優しい男は実は恋愛対象から外される!?

あなたの友達、もしくはあなたなのかもしれませんが、優しい男って集団に1人はいますよね?

当たりが柔らかくて女性からすると話しやすいタイプで抵抗なく女子の相談にも乗っているような方。

女性と話をあまりできない方には羨ましい限りの存在ですが、実は相談を持ちかけられる男子は意外と寂しい思いをしているんです。

というのも、相談を持ちかけられるような優しい男性はきっとどの女性に対しても優しいはずです。

そしてこのような女性に等しく優しいジェントルマンを、男性陣は「モテる」と評価するかもしれませんが、女性側にしてみれば安全パイだからこそ気を許している側面もあるそう。

また、中には、みんなに優しい男にうっかり恋愛感情を持つと、他の女の子に嫉妬したりされたり、ややこしいことになりそうだから基本的に近づきたくないということもあるようで、その男性の本心が見えにくいという部分もあるようです。例えば女性が本気で好きになったら、『え? そういうつもりじゃないんだけど』と言われた時の状況を想像するそう。

女性いわく、恋愛感情がないからこそ、優しさに甘えられるそう。

こういった側面を考えていくと、全くモテないということはないのかもしれませんが、限りなく可能性としては低いようですね。ですので誰からも信頼されているようなジェントルマンは恋愛対象から外されてしまう傾向が有り、なかなかモテないということが言えそうです。

 

優しい男性は女性の中で男性として見られなくなる!?

よくあるのが、優しい男の優しさには女性は慣れてしまうということも考えられます。

客観的に見てて筆者も羨ましく思えるのは、優しい男は、女性の中に1人で混じっていても違和感なく話せる雰囲気があるということです。つまり女性3人に対して1人など世の男性からするとどういうシチュエーションでそうなるの?という設定です。

ただこの羨ましすぎる展開も、現実的にはその男性は男性扱いされていない傾向が強いようです。

単純に気が回るだけの男性というのは一緒にいるのに慣れてきて、だんだんそのグループの中で女性化してきちゃうそうです。

ただ、優しい男性がどこまでも脈がないのか?というとそうでもないそうで、女性がそういった男性を恋人候補として意識することもあるようです。

そのためには叱ったり厳しくしたりするメリハリのある優しさを持っていれば本命候補に一気に上がることもあるけれど、優しい男は女性を怒ることは滅多にないという現実も。どこまでも“いい人”なんでしょうね。

 

まとめ

いかがですか?もしあなたが女性からたくさん相談を受けていて信頼なども問題ないのになぜかモテない。という場合、意識して欲しいのは優しいだけでは女性は男性として意識することがなくなてしまうということです。

もちろんこれが全てではありませんが、確率的にはどうも高そうです。というのは、優しい男の優しさは、誰にでも与えられるものだから有り難味がなくなるのかもしえません。

たとえば、深夜残業をしているとき、優しい男性が煎れてくれたコーヒーよりも、普段はぶっきらぼうな男性が煎れてくれるコーヒーのほうが女性としてはときめくようです。常日頃から優しい男の親切は身にしみにくいということです。

よくありますよね?恋愛の妙味はギャップであると。

外では強面だけど、私の前では甘えん坊というツンデレ関係に女性は安心感を覚えるものです。みんなにやさしい人って、彼女の都合を最優先にしてくれなさそうという気持ちが出てきてしまうそう。

「好きなタイプは優しい男」というのは誤りで、正確には「好きなタイプは私にだけ優しい男」です。女性たちは特有の直観力で、男性の優しさの深度を見極めていますので注意が必要ですね。

関連記事

ピックアップ記事

女性 怒る

2015.6.24

男性に嫌われる女はなんと…!?冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ

男子から嫌われる女子の特徴をあげると、必ず入ってくる項目があります。冷め切った夫婦でありがちな○○できないオンナ。そこで今回は、男子に嫌われ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る