どう対処すべき!?理解しようと思ってもなかなか理解できない男女の価値観の差

カップル 愛情

もしかしたら悩んでいらっしゃいますか?

「どうして彼はいつもああなの…」や「彼女は何を望んでいるのか…」などなど男女間には様々な問題がありますよね。

女性も男性も、それぞれ相手に求める思いや行動に違いがあり、精神的に与える影響も変わってきます。これは異性だからという問題ではなく、同性であっても理解できない部分はあるのではないでしょうか?相手を100%理解することができないため、結局は自然と自分の都合のいいように行動し、意見してしまいます。ですが、せっかく縁あって恋人同士、もしくは結婚したのであればそれぞれの価値観を押し付け合うことにならないように、相手の価値観をよく知っておく必要があります。

 

勘違いしてしまっている

異性と付き合うにあたって、長い付き合いになると相手を理解したと勘違いしてしまいがちです。

一番わかりやすく結果が出ているのは離婚に関する離婚理由が物語っていますよね?一番有名なのは”性格の不一致”です。この性格の不一致はとても広義な意味で使われているのですべてがというわけではありませんが、価値観の違いがほとんど影響していると言っても過言ではないです。それが男性側からなのか、女性側からなのかというとパーセンテージで言えば女性の側からの方が多いように思います。

ではこの価値勘違いですが、女性が思う親身な気持ちと、男性が思う親身な気持ちに誤差があるため、お互い自分の思っている相手の立場で意見を言う事があり、結果的に相手に対して間違った行動をしてしまいます。そのため相手に不満がでてきたり、信頼が失われてしまう事にもなります。

ですのでまずは一つ意識してほしいことがあります。家族であっても家族でなくても一人ひとりの価値観は多種多様です。男性はこうだから!と言い切ることもできませんし、女性はこうだから!とも言い切れませんが、一般的に言われている男女の価値観の差を知ると、お互い分かり合えるかもしれませんよ。

 

根本的に違う男女の価値観とは

一般的に言われているのは男性はよく精神年齢が女性に比べると低いと言われていますよね?この有名な言葉からもわかるように女性が男性をフォローする(理解を示す)ように行動することが男女間でうまくいく秘訣かもしれません。

この精神年齢が女性に比べると低い、ということ自体、別にどうのこうのというつもりはないんですが、精神年齢が低いがゆえによく言えばプライドを抱え込んでしまっているのです。よく聞きませんか?男性はプライドの塊というようこと。

その点、女性で言えばプライドがないとは言いませんが、柔軟に対応できるのです。ですから、いくら女性の価値観を男性に与えたとしても、男性は満足するどころか、不満を抱えたり、相手からの愛情が感じられないと思ってしまいます。女性からは親身になって心配したり、女性からは愛情を注いでいるのに、男性に伝わらずにマイナスな方向をたどります。

分りやすい例でいくと、たとえば女性は心配事や悩みをお互いシェアしたいと考えるため、話をしたがりますが、男性は一人で解決したり考える時間が必要だと考えています。

そのため女性は男性を一人にしたがらず、男性は女性を一人にさせたがります。ここで男女の価値観の違いがあるんですね。

この男性が考える”一人で”というのが男性のプライドなんです。

 

男性の価値観とは

前述したように、男性の場合は問題が生じた場合、問題を解決するために一人で考え込みます。そのため、女性が悩んでいると、励ましや理解を求めるよりも、一人にしてあげた方がいいのかな? と思っています。

そういうことが女性としては愛情を感じにくいかもしれませんが、愛情表現の一つとして受け止めてあげましょう。

またプライドの塊の男性としては、問題を自分で解決したがるけれど、成功の報酬を受けたがります。信頼されたり、受け入れられること、さらに感謝されたり褒められる事を望んでいるので、なにか成功したり嬉しいニュースがある時には、めいいっぱい喜んであげると相手も愛情を感じやすくなります。

 

女性特有の価値観とは

女性の場合は成功や功績よりも常に気にかけてもらうことを考えています。気にかけてもらうことで女性は自分を保とうとしているため、男性とは全く逆の価値観を持っているということがお分かりいただけるのはないでしょうか。

心配事などの悩みも、常に話を聞いて共有してもうことで愛情を感じます。そのため、一人にさせられたりすると、愛情を感じられない事があるんです。 女性は安心を得たいと思うため、愛情が感じられれば安心も得ることができるのです。

その安心を得るためには、女性の場合、少し面倒かもしれませんが、男性の価値観を理解し、常に励ましや信頼を与え、感謝を伝えることで、相手からも自然と気にかけられ大事にされるようになります。これは男性が自分が必要とされているということを感じるため、プライドが彼を動かすんです。あなたのことを守ってあげたいと…

子供が生まれると変わる人も…

全員と言いませんが、ほとんどの方の意識が変わる時があります。

人間でいうならば、男と女の本能は結婚をしたり、子供が生まれた瞬間に目覚めてくる傾向があります。

家庭を持つことによって”生活リズム””遊び方””愛情表現”も全て変わると言ってもいいくらいに父親と母親になります。これももちろん全員ではありませんが、一般的にはガラリと意識が変わります。

親として変わっていくのは、子供がいたら当たり前の変化なのです。男性は一生懸命働くようになり、女と子供を守ろうと心も体も強くなっていきます。子供に対する想いというのは男女問わず”相手(子供)を思いやる気持ち”ですよね。

そして不思議なことに子供のことについては夫婦は相談して決めていくことが多くなるのです。不思議なものですよね?特に男性の場合自分のことはプライドが邪魔してなかなか相談できないのに子供のことになると必死になるんですから。

 

まとめ

今回、あなたに伝えたいことは”相手を思いやる気持ち”です
これさえあれば”一生仲良し”でいることも可能なのではないでしょうか?きれいごとではありません。何よりもお互いが幸せになることができなければ意味がありませんよね。

自分のエゴを押し通すことは、ただ嫌われてしまうだけなのです。しかし、嫌われることが怖くて、我慢をしてしまうことも違います。少し難し話になってしまうのですが、お互いに我慢をしないで納得いくように助け合っていかなければいけないのです。

男性であれば彼女や奥さんにもう少し相談してみてはいかがでしょう?女性であれば男性が孤独を感じた時にだけ声をかけてあげればいいと思うのです。

昨今の離婚率の上昇や離婚理由などもしかしたら女性も社会に進出するようになっていらないプライドを持ってしまったのが原因かもしれませんね。こうあるべきということは言えませんが、お互いの子供に接するような思いやりをもてばとてもいい関係が築けるのではないかと思う今日このごろです。どんな場面でも冷静に、相手の気持ちを考えそれを考慮して答えを導き出していきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

満月 デート

2015.9.15

満月の威力が半端ない!?お月見デートを勧める理由と、やめたほうがいい理由!

皆さんは、お月見デートをしたことがありますか? 天気次第ではありますが、満月が鮮やかに見える夜というのは、絶好のお月見デート日和と言え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る