フッたあの男を見返してやりたい!と前向きになれたのなら気をつけたいこと。

女性 見上げる4

恋人に振られたりした経験がない方なんていらっしゃらないのではないかと思いますが、大好きであればあるほどフラれた時のショックというのは計り知れないのでないかと思います。心にぽっかりあいた穴をどう埋めるかというのは人それぞれです。

時間が解決してくれるのを待つ方もいれば、新しい恋人を求めて頑張る方もいれば、自分磨きを頑張る方というのもいらっしゃるのではないかと思いますが、今回はフラれた恋人を見返したいと考える方のためにどうすれば自分のことを振った恋人を見返すことができるかをご紹介したいと思います。

 

1. まずはさらに外見を磨く!

あなたがどんなに意見的に魅力的であっても、人というのは慣れてしまうと魅力があるのに見失いがちになってしまいます。

元恋人も不満はないのだけれどどうしてもちょっとした刺激などがないのであれば魅力を見失いがちになってしまいます。そこで元恋人を後悔させるのに一番効果があるのは、やっぱり外見を磨くことになります。髪型を変えるようなことでもいいですし、メイクを変えることでも十分に効果があります。またファッションなどの洋服を新調することも考えてみましょう。

なんといっても振られた相手を見返すことで目に見えてすぐに効果が表れるのは、やっぱり外見です。外見を磨くことで自分自身の気分も変わりますし、特に意識しなくても立ち振る舞いももっと魅力的に魅せることができるでしょう。

そうすることで当然ですが、他の異性からアプローチされることももちろん出てくるでしょうし、元恋人を見返すことだってできるのです。

 

2. 外見を磨いたなら内面も

外見が変われば先ほども言いましたが立ち振る舞いなど変わりますので内面にも自然と影響を与えてくれます。

ただ、その影響がプライドとなって出てきてしまっては綺麗だけど近寄りがたい印象になってしまいます。外見を磨くことで自分に自信を持つのはいいことですが、プライドをもりすぎるとかえって逆効果になってしまいます。ですので自信はあっても謙虚、控えめな姿勢としうのは魅力的な人には必要不可欠なんです。

つまり、外見だけでなく内面もしっかり磨くことというのは必要不可欠です!

外見はともかく、元恋人があなたのことを振った大きな理由の一つは内面的なものにあるでしょう。もちろんマンネリであったりそういったものがカップルの別れを起因することも起こりえますが、あなたの恋愛観や価値観などであったり、元恋人とのなかに知らないあいだに大きな溝ができてしまったのかもしれません。

そういった溝というのは知らないフリ、気づかないフリをしているとどんどんと深くなってしまいます。溝が深くなってしまうとなかなか信頼であったり、信用というのはなかなか修復できないものですから、多くのカップルは別れてしまうことになるのです。

また、あまりに自分の悪いところを棚に上げて内面をしっかり磨かずにいると、新しい恋人ができたとしてもまた同じことを繰り返す可能性は十分に考えられます。別れた恋人を後悔させるためには、自分の内面と一度ではなく何度でも向き合うことが大事なんです。
欠点をどんどん無くしていき、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

 

3. 幸せであることを前面に出す

考え方にもよりますが、元恋人を後悔させるには今のあなたが幸せであることを前面に出す必要があります。

もちろん新しい恋人を見つけることでもいいのですが、そんなタイミングよく現れませんし、逆に変な疑いをかけられても困ってしまいますよね。恋人との別れは誰しもが辛いと感じるものですが、前向きに考えれるように努力しましょう。

始めは嘘でも構いません。

ですが少しでも前向きに見ることができたのであれば、もう一歩踏み出せば嘘も嘘でなくなるはずです。あなたに振られてへこんでいます…なんて雰囲気を出してしまっていては相手は優越感に浸るだけですし、絶対に振られたことを引きずるような雰囲気を出さないようにしましょう。

むしろ別れてよかった!というような考え方の方がきっと幸せになりますよ。ただ、相手のことを否定するような発言は自分の魅力を損なう事になりますので注意しましょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んでいるということは目的はどうであれ次の未来に向かって歩き出しているところのはずです。心の傷もまだあるかもしrませんが、きっと大丈夫!見返そう!と考えることができているのであれば今よりももっともっと魅力的な女性へと変わることができるはずです。元恋人を見返すためには、外見も内面も磨かないといけませんがプライドの持ちすぎというのは注意しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

結婚指輪

2015.6.22

本気で完ぺきなパートナーを選ぶ場合に覚悟しなければいけないこと。

今回は以前にお話させていただいた記事の第2弾的なものです。 前回の記事はこちら なぜ僕には彼女がいないか… あなたは今、恋愛が絶好調で進…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る