【永久保存】女性の結婚式NGマナー集!結婚式が初めてor久しぶりという人は要チェック!

結婚式2

最近は様々な結婚式のスタイルがあるので昔からの習わしなどは崩れてきているものの、結婚式に出席する際は”マナー”をきちんと守る必要があります。

また結婚式自体も若ければなかなか経験も少ないもの。わからないことばかりではありませんか?ほとんどの方が知っているような花嫁と同じ白のドレスはNGだけれど、じゃあ黒はOKなの!?など意外と知らない結婚式のNGマナーをまとめてみました。

せっかくのおめでたい場で友達にも迷惑をかけたくないでしょうし、あなた自身も恥をかかないようチェックしてみてくださいね!

 

マナーを押さえて好印象

結婚式に参加するときは、絶対にやってはいけないNGマナーがいくつかあります。 知らずにNGマナーのまま参加すると、自分だけじゃなく新郎新婦やそのご家族に恥をかかせることもありますので本当に注意が必要です。
マナーをきちんと守って好印象な女性になりたくはありませんか?近々結婚式に参加する予定のある方は是非チェックしてみてください。あなたに役立つ意外と知られていない結婚式のNGマナーや押さえておきたいマナーをご紹介します。

 

 ドレスの色

女性は結婚式にパーティードレスを着て行く事が多いかと思います。男性であればほとんどの方がスーツで白のスーツや派手すぎる色でなければまぁ問題はありませんが、女性となるとドレスの色にもOKなものとNGなものがあるんです。

もしかすると知識不足な店員さんにNGドレスを勧められることもあるかもしれませんのでしっかり自分で判断できるよう、正しいマナーを覚えておきましょう。

 

白のドレス

まぁ当たり前ですが…純白の白いドレスは花嫁だけの特権ですよ~!

当然白いドレスを着て行くのはNGです。流石に白いパーティードレスを勧める店員さんはいないと思いますが、何がなんでも押さえておきたいマナーですので念のため…。

ただ注意が必要なのが白いドレスを選んだつもりはなくても、淡いベージュや淡いピンクが式場の照明などによって白っぽく見えることもあります。淡い色のドレスを着るときはストールなどの小物まで同系色にならないよう注意しましょう!

 

黒いドレス

黒のドレスはNGだと言う意見もありますが、着方次第では問題ありません。なんといってもスタイルがよく見える黒ドレスは結婚式に着て行く女性も多いのではないでしょうか?

ただし、全身真っ黒にならないように注意が必要です。黒いドレスを着るときは、アクセサリーや小物に明るい色を入れて華やかさをプラスしなければいけません。

また友達に呼ばれたりする結婚式で友達と一緒に何人かで出席する場合は、事前にドレスの色を確認し合った方がいいかも。
テーブル全員が黒いドレスだとお通夜のような雰囲気にもなりかねませんから(笑)。そう言った意味ではNGの理由もなんとなくわかわないでもありませんよね?ただ絶対ダメ!ということはありません。

 

バイカラーのドレス

バイカラーのドレスについては正直なところ賛否両論のようです。理由は2色に別れているため”別れる”を連想してしまうからだそう。 ですがOKとする意見もありますが、結婚式のようなフォーマルな場では単色のドレスが基本ですので、バイカラーのドレスを選ぶときは状況に応じて判断するようにしたほうがいいでしょう。

かしこまった結婚式ではなくて、ややカジュアルな結婚式では問題ないのではないでしょうか?

 

花嫁のカクテルドレスと同じ色

難しい問題ですが、花嫁が友達なら事前に確認しておいたほうがいいかもしれません。これはNGマナーではありませんが、覚えておくと好印象なルールです。色がかぶってしまったら花嫁にも申し訳ないし、花嫁もがっかりするかもしれませんよね。

中には、当日の楽しみで!という花嫁もいるかもしれませんが、そういった時は無難な色にしておくのが良いかと思います。

 

ドレスの丈・素材

gesutodoresu

結婚式に着て行くドレスは色だけでなく、丈や素材にもNGマナーが存在しているんです。知っているかもしれませんが今一度確認してみましょう!

 

露出の多いドレス

ミニ丈のドレスやベアトップのドレスのように身体のラインがはっきり出るドレスはNGです。
披露宴に出席する大方の招待客はベアトップだのキャミワンピだの着た友人の顔なんて覚えていませんが、覚えているのは、花嫁の友人にすごい格好した女の子いたよね・・・あんな友人がいるんだ・・・という目でお友達が見られてしまいますよ?

ですが、このマナーは出席する結婚式の時間帯によっても変わってきます。日中に行われる結婚式では、極力お肌の露出を控えて肩が出るドレスはボレロやショールで肩を隠し、膝も隠れる丈を選ぶようにしましょう。

 

露出の少ないドレス

反対に夜の時間帯に行われる結婚式ではイブニングドレスが正装です。
日中とは違って肩や背中、胸元が開いたドレスや丈も床すれすれの長いものが正式なんですが、挙式となると話は変わります。

夜に行われる結婚式でも、挙式に参列する場合は羽織り物を必ず用意しておきましょう。

 

ファー素材

近年は花嫁のドレスにファーが取り入れられることも出てきています。正直なところ、あまり神経質になる必要もないのかもしれませんが、マナーに厳しい方にとってはNGです。

というのも、ファーや革素材のものは「殺生」を連想させるため、結婚式にはふさわしくないと言われていますし、ファーの毛やほこりが料理に入って不衛生だからNGという意見もあるようです。特に冬場はファーを使ったアイテムが多いですが、極力避けた方が懸命といえます。

 

ドレス以外の服装

結婚式に出席する際はパーティードレス以外にも色んな服装があります。 例えば代表的なものでいえば着物ですが、着物を着て参加すると新郎新婦やそのご家族からは喜ばれることが多いものです。ですが着物以外の服装のマナーはあまりわかりませんよね?実際のところどうなのでしょうか?

 

パンツスタイル

結婚式にパンツスタイルはNGでしょう!と思われがちですが、OKです。

ただしパンツスタイルでも”華やかさ”を忘れてはいけません。華やかにするにはトップスにドレッシーなものを合わせたりアクセサリーを加えるとガラリと印象が変わるのでおすすめです!

 

リクルートスーツ

礼服としては良くても、はっきりいって結婚式にはふさわしくありません。男性のほとんどはスーツを着るわけですから、女性まで黒いスーツを着てしまうと華やかさがありませんよね…。そのへんは配慮したほうがいいのではないでしょうか?

 

民族衣装など

着物以外の民族衣装などは着ない事が基本ですが、出席する結婚式や地域、文化にもよるので一概には言えません。もし、式が行われる場所が地方など地域や文化に特色があるのであれば親などに相談してみるのが一番ベストかもしれません。

特別なことがない限りは一般的な服装で出席したほうがいいかもしれませんね。

 

靴や小物

結婚式のNGマナーは靴や小物にまでも及びます。 大きなものばかりに気を取られていて小物がNGだった…なんてことにならないよう、しっかり隅々までチェックしましょう!

 

オープントゥ

オープントゥのパンプスはNGです。理由はあまりご存知ない方も多いかもしれませんが、つま先が出る、つまり”妻が先に出る”という意味合いになりNGとされています。しかし実際はオープントゥのパンプスで出席している女性が非常に多いですよね。

時代とともに許容されつつあるマナーですが、つま先が隠れたパンプスが本来の正しいマナーです。

 

ブーツ

オシャレさんは結婚式にブーツを組み合わせたくなるかもしれませんがブーツもNGです。本来ブーツは防寒のための靴ですので、結婚式にはふさわしくありません。

 

タイツ・ストッキング

まず大前提として結婚式に素足はNGです。 まぁ、ちょくちょく見ますが、必ずベージュのストッキングを履きましょう。

近年は黒のストッキングやタイツを履く女性も増えていますが基本的には避けたほうがいいでしょう。黒は喪服を連想させる色なので特にご年配の参列者からは印象が悪くなってしまいます。

また網タイツやカラータイツもNGです。ラメの入ったベージュストッキングなら許容範囲ですので、マナーを守った上で着こなしを楽しみましょう!

 

バッグ

結婚式では大きすぎるバッグはNGです。 もちろん小さい子供がいて…という状況では仕方ありませんが、小さめのバッグがマナーです。また革製品は避けるようにしましょう。かといってビニールや綿素材のバッグもカジュアルすぎますのでNGです…。

一番、うっかりやってしまうのが紙袋のサブバッグなどです。バッグに入りきらない荷物を紙袋に入れていませんか? どんなハイブランドの紙袋でもNGですんでご注意を!サブバッグがあるときは、必ずクロークに預け結婚式会場に持ち込まないようにしましょう。

 

 

ヘアスタイル

髪型だって気にしなければいけないマナーの一つです。髪型にもやはりNGマナーがありますその代表例が結婚式にふさわしくないのがダウンスタイル。どんなにセットしていても「手抜き」と見られることがあるからです。

完全なアップスタイルにしなくとも、ハーフアップなどで華やかさとキチンと感を演出するようにしましょう。ヘアアクセを加えると更に華やかさがUPして好印象ですよ!

 

お祝いの気持ちと華やかさを忘れずに

結婚式のNGマナーはたくさんありますが、あなたの大事な友達でしょう?
色々あって大変!と感じるかもしれませんが、新郎新婦へのお祝いの気持ちがあれば苦にはならないはず。お祝いの気持ちと華やかさを忘れずに、マナーを守って好印象なスタイルで結婚式に出席しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

花火大会

2015.7.22

【保存版】花火デートに出かけるなら彼と相談して一緒に準備するのがコツ!

もう梅雨明けもして安心して花火を見に行くことができる時期になってきましたね。 暑い夏といえば花火デートはいつもとは違う浴衣姿に、彼もあなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る